解体工事の流れ

解体工事の流れ

1.お客様より解体のご依頼(お問い合わせ等)
  • お客様より解体のご依頼を受ける
  • 当HP(左側)の「メールでのお問い合わせ」やお電話によるお問い合わせを受ける。
2.解体物件の現地調査
  • 現地にて解体物件の確認を行い、建物本体以外の解体の確認も行う
  • 近隣環境及び道路状況等の確認。
3.御見積書の提出
  • 解体物件の解体工法の説明と、それにかかる費用のご提案
4.解体工事のご契約
  • 上記の内容をご確認頂き、ご契約をさせて頂きます。
5.建設リサイクル法に係る書類の提出
  • 一定の条件を超える建築物の解体については報告を義務化されております。
    その書類は一般的に「建設リサイクル法」と呼ばれています。
  • 書類提出のお手伝いはさせて頂きますので、ご相談下さいませ。
6.近隣の方への解体工事のご挨拶
  • 解体が始まると、近隣の方へ少なからずご迷惑をおかけする事になります。
    お客様の方から解体の数日前にはご挨拶にまわっておいて下さい。
7.電気・ガス・電話・CATV等の配線、配管の取り外し
  • 上記の契約の解除、または引越しのお手続きをお願い致します。
  • 引込み線等はこちらでも撤去の手続きは可能です。
8.家財(一般家電含む)等の処分
  • エアコン・テレビ・冷蔵庫等はリサイクル処分の対象となっております。
  • パソコン等は家電製品とは別のリサイクル処分の対象となっております。
9.解体工事の着工
  • 養生足場を建物の周りに組み立て、近隣の方へのご迷惑を軽減します。
  • 養生足場には近隣の状況に合わせて各種シートを張ります。
10.内装材、その他の撤去、分別、集積
  • 基本的に手作業により、瓦や内装材の分別解体撤去を行います。
11.建物本体の解体
  • 重機を搬入して建物本体(上屋・基礎)の解体を行います。
12.マニフェストの作成、発行
  • 産業廃棄物を搬出する際に必要なマニフェストを作成し、搬出時には携帯する。
13.産業廃棄物の搬出、処分
  • 産廃処理の許可を受けている各処分場にて適正に処理を行う。
    ※マニフェストの発行は適正な処分を行う為に必要で、廃掃法により定められております。
14.整地
  • 地中に障害物が無い事を確認し、重機により整地を行う。
    ※ご要望がありましたら、整地工の際に真砂土等を敷いて仕上げる事も可能です。
15.解体工事完了報告
  • 解体から整地までの全てを完了し、重機の搬出を行います。
16.終了
  • 以上の流れによって解体が終了致します。